« 元気♪ | トップページ | ぺったんこ »

2011年1月19日 (水)

エスター

いやぁー、見ちゃった、見ちゃった、
気になってたのを やっとこさっとこ見ちゃった。

Images9

一組の夫婦が養子として引き取った少女が、
やがて思いも寄らぬ恐怖をもたらす戦慄のホラー・サスペンス。

3人目の子供を流産してしまったのがきっかけで
1人を養子に迎えようと言うコトになったようだけど…。

自分の子供がいるのに、養子を迎え入れるなんて
清水国明か、タケカワユキヒデくらいしかいないと思ってた。
しかも、上の子(お兄ちゃん)と同じ年頃の女の子。
この辺りが、非現実的なよーな気がしてしまったのは否めないかなぁ。
んー、いや、きっと、世の中、そんな慈悲深い人もいるのよね、うん。

って、んなコた もぉどーでもいーんですよ。

スゴイの! この子、スゴイのー!
エスター役のイザベル・ファーマン。 演じた時は12歳??

色白でキレイな顔立ち。
子供らしい表情から 恐ろしい表情まで 自由自在。
後半になって、徐々に正体が明かされていくよーになってからは
メイクやライティングの効果もあるんだろーけど

すんげ―――― 怖ぇえんだよ―――――!!
  ヒィィイィ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

何だよ、あの表情!!末恐ろしいったら ありゃしないんだよ。

エスターが部屋にこもって描いている絵も、
夢に見ちゃったらうなされそーな、超ワタシ好みのモノなんだけど♡
(ちょっと、あの部屋で暮らしてみたいw ←変人www)

随分と残忍なシーンもあったりするんだけど
子供の頃からあんな役をこなして、大丈夫なのかしら?

いや、自分だったら あの年頃にあんなのやってたら、
役から戻ってこれなくなりそーな気がするのでねぇ…ww
まぁ、既に自我がしっかりしてるんだろーけどさ。
そよね、私とは違うのよね。 そよね、そよねー。

なんかね、「真実の行方」で初めて見た
エドワード・ノートンと同じくらいの衝撃を受けてみました☆
テンサイ・アラワル!みたいな。

あと、「真実~」と「エスター」を見て 確信したのは
世の中で一番恐ろしいのは、「生きている人間である」ってコト。
くわばら、くわばら (´ι _` ; )

妹・マックス役のアリアーナ・エンジニアも 要チェックですな。
話せない役だったけど、表情を見るだけで全てが伝わってくる!!

はぁ~、
今日びの子役さんって、ホントにスゴイと思う今日この頃。

ああ、
芝居やりたくなって来たなぁ。  へへへーぃ☆

|

« 元気♪ | トップページ | ぺったんこ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127447/38531563

この記事へのトラックバック一覧です: エスター:

« 元気♪ | トップページ | ぺったんこ »