« ファイナル | トップページ | ノドがイタイ »

2009年6月 2日 (火)

英才教育

何の番組だったか…

5歳児が全員逆立ち歩きをしている画を目にした。
三角倒立から逆立ちをして 歩きはじめる。スゲェ!

10段の跳び箱に挑む保育園児……。
自分の身長より高い跳び箱を 軽々と飛び越える。
マッスルミュージカルかと思ったよ。

訓練次第で、絶対音感も身に付けることができるらしい。
あれって生まれ持った才能じゃないんだねぇ。

なんかね、どーやらね、
         子供はみんな天才らしいっすよ!

どんな子も、やる気のスイッチを入れてやるだけで…
   
   全員 逆立ちができるよーになるんだから!
     全員 絶対音感が身につくんだから!
 
     やる気スイッチONするだけでOKなんだから!!

あ、やる気って、競争心なんだそーな。
あと、楽しいっていう感情ね♪

紹介されていた保育園では、毎朝 かけっこをして
必ず 順位を付けているんだそーな。

一時期、かけっこの順位を付けるのは不公平だからNG。
なんてほざいてた時期があったじゃない? (あれ、まだあるの??)
あれほどナンセンスなコトはないと思うワケですよ、私も。

勉強ができる方ではなかった私は、体育の時間が楽しみでありました。
頭を使うのが苦手な私は、美術の時間が待ち遠しかったのでありました。
苦手な部分を得意な部分で補ってたってこってすよ。自分の中で勝手にww

ま、そんなコトは置いといて
片手側転なんて、5歳の子供にはムリだろう。って大人は思ってしまうじゃない?
でも、やらせてみたら 出来ちゃうんだね、子供って。

大人の考えで勝手に限界を決めちゃったら もったいないってこってすな。
無限の可能性があるってこってす。
なんてったって、子供はみんな天才なんですから☆

あ、いやいや、
限界を決めちゃったらもったいないのは、子供に限ったコトじゃないっすね。
みんな、どんな人も 限界を決めちゃったらもったいないんですよ、きっと。

Img_0440
アナタにもワタシにも、無限の可能性が眠っているのよー☆

そう考えるとワクワクしてきちゃうじゃん?
そーなんです。私ってば 単純なんです。
妄想で生きているってウワサが無きにしも非ずですが…w

これから先も、お勉強上手の英才教育じゃなくて
個性を伸ばせる英才教育が 世にはびこって行くといいですなー。

意味不明。 かしこ。

|

« ファイナル | トップページ | ノドがイタイ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127447/29919231

この記事へのトラックバック一覧です: 英才教育:

« ファイナル | トップページ | ノドがイタイ »